「最初に選んだ米銘柄」つや姫から紡がれたストーリー

山形県庄内町「アトリエ玄米デカフェ」からお届けする「素朴で優しいお米の飲み物、玄米デカフェ」

今現在、玄米デカフェで使用しているお米は10種類
こだわりを持って厳選しています。

中でも一番初めに選んだお米の銘柄は、山形県産のつや姫。

今回は、玄米デカフェのスタートラインに立った「つや姫」を紹介しましょう。

「玄米デカフェ」基準は‟つや姫“

なぜ、つや姫だったのか

山形県を代表するお米「つや姫」
つや姫は、10年の歳月をかけ山形が生んだお米のひとつです。

玄米デカフェは「心温かな山形県庄内町の人々の力になりたい」との思いから出来た飲み物。

山形県産のつや姫を選ぶことは、私達にとって自然の流れでした。

お米、そのものの味わい

清らかな水と澄み切った自然の中で育った山形県産のつや姫。
甘味と旨味が特徴で、誕生からずっと最高評価「特A」を保っています。

山形県は、つや姫の栽培の適所とも言えます。
ー山脈にはブナの森
ー森から湧き出る天然水
ー天然水は最上川を通し田園へ

さらには、寒暖をくっきり分ける四季と季節風があります。
ここで丹精込めて作られたつや姫は、山形でしか出せない味となります。

歴史ある信頼できる問屋さんと共に

アトリエ玄米デカフェのお米の仕入れは、有機米だけを取り扱う歴史ある問屋さんから。

信頼とコミュニケーションが安心感をもたらし、仕入れに至ります。

玄米デカフェとなり、より美しくなるつや姫

玄米の風味をより豊かにするため、あえてドリップタイプに仕立てた玄米デカフェ。
飲み物となることで、より美味しさが引き立ちます。

中でも「つや姫」は、甘み・苦み・香り・コク・酸味、すべてのバランスがとれたマイルドな味わいへと生まれ変わります。

その背景には、一等米とはいえ米の状態の確認。
職人技ともいえる焙煎と製粉、そして風味を損なわない丁寧な包装。

その全てに、心を込めて作業にあたっています。

玄米デカフェのスタンダードともいえる「つや姫」を、休息の傍らに置かせてください。