そごう横浜催事の全体像

そごう横浜店ポップアップショップ出店レポート

そごう横浜店にポップアップショップを出店

2022年5月10日(金)~5月23日(月)までの14日にわたり、そごう横浜店地下2階イベントスペースにポップアップショップを出店しました。
今回のポップアップショップではSDGsをテーマとして玄米デカフェをはじめ、玄米を使った新作のお菓子、環境負荷が低くエコ食材として注目されつつある各種コオロギフードの紹介、販売を通し多くのお客様にとって初めてでちょっと珍しい食品との出会いを楽しんでいただきました。

お客様との出会いの場に

販売ブースにはそれぞれに、コオロギフードと書かれた横断幕、玄米デカフェブースには玄米デカフェのシンボル、鳥海山の山並みが目を引く横断幕を掲げ、色とりどりでポップな商品をディスプレイ。
可愛らしい雑貨店のようで、一見しただけでは「何屋さんだろう?」という感じのブースには、興味を持っていただいた多くの方に足を止めていただきました。

そごう横浜催事の商品棚

14日間の開催期間中には、天候に恵まれず、客足が少な目な日もありましたが、暑い日には店頭で目を引く涼しげなバナーに誘われテイクアウトの玄米と豆乳のラテが好評。
コクがあるのにまろやかでさっぱりしたラテを楽しむお客様でにぎわいました。

ショップに訪れていただいたお客様の中には、すでに玄米デカフェを知っていてリピート購入される方や、ネットやメルマガを見て来店された方、店頭販売の機会に。とまとめ買いされる方も。
嬉しい出会いの場となりました。
また、手土産に玄米デカフェとお菓子をセットで購入される方や、ドリップパックをまずは試してみたい。という声も目立ちました。

リアル店舗とネットの融合を目指します

女性のお客様は玄米デカフェ、お子さん連れや男性のお客様はコオロギフードに興味を持たれる傾向に。
コオロギフードは興味はあってもなかなか購入には至らないようでしたが、説明を聞いていただいたり、パンフレットを持ち帰っていただくことで、新しい食品としての認識を得られたと思っています。

今回のポップアップショップは、テイクアウトドリンクの販売を行いつつもカフェのようなスタイルを前面に出すのではなく、商品紹介を重視することで「リアル」と「ネット」の融合― リアルの店舗でお客様の心を掴み、それがネット販売の世界に拡散され新しいファンを獲得するための第一歩になりました。