FUTURE FOOD 2022の店内

コレド室町に期間限定AIストアを出店

AIストア「FUTURE FOOD 2022」に出店

リアルとネットの融合を目指す私たちは、一人でも多くのお客様と新しい出会いができるよう日々、ECサイトやSNSの運営を行っています。
そんな私たちは、今回、店舗DX(オンライン店舗とリアル店舗を融合した新しい店舗型ビジネス)を提供するbestat株式会社(本社:東京都文京区)からのオファーを受け、期間限定のAIストアを出店しました。

東京都中央区 コレド室町3にて2022年3月2日~4月3日の期間限定でオープンしたAIストア「FUTURE FOOD 2022」。
私たちの他にも数店のOMO店舗の出店がありましたが、そのコンセプトはいずれもフードテック食品(昆虫食や代替肉などで知られる食品)に特化しているという点。
環境への意識や、健康志向の高まりと共に注目され、新しい食の選択肢としてこれからの成長が期待できる分野です。

アイデアと工夫で挑戦を楽しむ

日本橋に勤めるビジネスマンやショッピングを楽しむ女性や家族連れでにぎわうコレド室町の一角に出店したAIポップアップストア。
周辺エリアには、インテリアやアパレルショップ。
一見、食品を扱う店舗は不釣り合いと思われる空間への面白い挑戦になりました。

店頭を横切るお客様にも足を止めていただけるように、店内の商品棚以外にも、通路向きに棚を設置。
センス良くシンプルな陳列はコスメショップのよう?かと思えば、「1ドリッププレゼント」のポップが。
「何のお店?」と覗いた店内にはスライドショーを展示し、気になった商品を手に取ると商品の内容や世界観などを映像で見ることができるようにしました。

来店いただいた方にはアンケートに答えるとサンプルプレゼント。
サンプルをただ配るのではなく、共感してくれたお客様から引き出した感想や言葉を収集するように心がけました。

FUTURE FOOD 2022の商品棚

新商品も開発中です

また、今回はAIストアならではの面白い発見が。ストア内のカメラなどの映像分析をしたところ、玄米デカフェは40代男性に一番足を止めていただいていたことが分かりました。
実は、私たち、玄米カフェは男性にはどうなんだろう。と思うこともあったので、今回、そんなことなかったんだ!という結果に驚いています。
今後は、男性ファンもどんどん増えてくれることを期待しつつ、男性が興味を持ってくれるような商品も開発していきますのでお楽しみに。

一人でも多くの方へ届くように

「FUTURE FOOD 2022」に出店することで、AIストアでしかできない新しい購買体験を通した新しい食品との出会いを楽しんでいただくことができたと思っています。

コロナ禍の生活習慣の変化も手伝って成長著しいオンラインショッピング市場。
まずは一人でも多くの方に商品を知ってもらいたい今、AIストアへの出店は、コアな顧客を増やす足がかりとなったと思います。