アトリエ玄米デカフェ|atelier GENMAI DECAF

COLUMN

COLUMN

庄内の水田にきらめく水鏡

寒く長い冬を経て桜の季節を終え、今、庄内には心地よい春風がそよいでいます。 5月のこの時期、ここ庄内は田植えの季節を迎えようとしています。 田植え前の今、庄内の田園一帯には、この時期だけの美しい光景が広がります。 美味しいお米を作...
COLUMN

さくら舞う春の庄内(No33)

まだ白さが残る月山。 4月になり残雪もようやく解け始め、田植え前の耕された田園を吹きぬける風もやわらかく感じます。 雪が解けて暖かくなるこの時期の庄内は桜咲く春の景色に包まれています。 庄内の桜、今年は暖冬の影響で開花がかなり早く...
COLUMN

庄内に訪れる遅い春(No32)

三寒四温を繰り返し徐々に現れる春の気配を探す3月。 ニュースでは桜の開花予想が流れ、街ゆく人の装いも軽やかです。 ですが、ここは庄内。真冬のコートが重たく感じるようになるのはもう少し先のこと。 東京では今月半ば過ぎには桜が咲く小春...
COLUMN

旬を味わう真冬の庄内(No31)

旬を味わう真冬の庄内(No31) 降り積もる真っ白な雪。美しい雪景色が冬の風物詩でもあるここ庄内ですが、今回は食の都としての冬の庄内をご紹介します。 山形県の日本海側に位置する庄内は、海の幸、山の幸から日本酒まで年間を通してさまざま...
COLUMN

雪と白鳥―庄内の白い冬(No30)

今年も残りわずかですね。 すっかり寒くなった12月、ここ庄内には雪の季節がやってきました。 鳥海山の初冠雪から2カ月ほどたった頃、11月の下旬あたりになると、庄内地域では平地でも雪が降り始めます。 今年は、11月30日には早く...
COLUMN

庄内の晩秋を楽しむなら?(No.29)

早朝の大山下池。池一面に浮かんで羽を休めているのはコハクチョウです。 コハクチョウは日の出とともに次々と飛び立って、彼らのエサ場、庄内平野の田んぼを目指します。 11月。庄内の冬の使者とも言われるコハクチョウの飛来が盛りを迎えるこの...
COLUMN

ちょっといい一日に「玄米デカフェプリン」(No.28)

庄内の冬の楽しみ方。 冬仕込みのしぼりたての新酒を味わうのはどうでしょう。 鳥海山や出羽三山の澄んだ水、豊かな自然に囲まれた庄内。 江戸時代の大規模な開墾によって日本有数の米どころになった庄内は、酒造の町としても名高く、庄内の酒の美味...
COLUMN

秋の庄内―新米と紅葉の季節(No.27)

10月。 山形県庄内地域一帯の田んぼが黄金色に染まる頃、今年も稲刈りの季節がやってきました。 籾が完熟し枯れることで黄金色に変化する稲。たわわに実った稲穂が頭を垂らす黄色の絨毯のような一面の田んぼのあぜ道には、ススキやコスモス。...
COLUMN

庄内のソウルフード、食の文化を握って食べる弁慶飯(No.26)

日本人の食文化として外せないソウルフード「おにぎり」 みなさんのお好みの具はなんでしょうか? 9月になってもまだまだ暑い毎日。 ですが、暦の上では季節はもう秋。日本でも有数の米どころ、ここ山形県庄内地方では、そろそろ新米の季節を迎...
COLUMN

8/11は山の日―月山・鳥海山ブレンドの誕生秘話とは?(No.25)

8月11日「山の日」です。今ではすっかり祝日として定着した山の日は、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」という趣旨のもと制定された祝日なんだそう。 正直なところ、私にとっては有難い休日といったところですが・・・こと「玄米デカフ...
次のページ